HOME 教育状況公表 本日
⇒#264@学会;

in situ ESR法によるイオン液体を電解質に用いたEDLC中の炭素表面ラジカルの電位依存性、およびインピーダンス評価法の検討


○関根智仁,伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 第48回電子スピンサイエンス学会年会 , 神戸大学 百年記念館六甲ホール、瀧川記念学術交流会館,



現在電気重層キャパシター(EDLC)新しい電源として注目されているしかしEDLCに充放電繰り返すことで容量劣化起こることが知られている1)本研究では電極材料使われている炭素中のラジカル注目し異なる電解質カチオンによる炭素ラジカルの発生濃度の違いについてin situ ESR用いて測定し電解質カチオン種類炭素ラジカル量に及ぼす電解条件との関係調べたその結果ESR法によりサイクリクボルタモグラムからでは分からない反応の電位依存性みてとれるすなわちin situ ESR法によって電池やキャパシター容量劣化解析可能となる

関~仁は2010年にそれまでの研究In situ ESR法によるイオン液体用いたEDLCの評価② -炭素電極ラジカル量と電位依存性の関係-いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)


(1In situ ESR法によるイオン液体を用いたEDLCの評価② -炭素電極のラジカル量と電位依存性の関係-
関根智仁, 卒業論文, (2010).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=264

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.