HOME 教育状況公表 本日
⇒#194@学会;

蓄電性ゴムのリチウムイオン二次電池への応用と電池特性の改善


○大木信典,渡邊剛,仁科辰夫,立花和宏,遠藤孝志,尾形健明, 第46回電池討論会 , 名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1-1),



講演題目 = 蓄電性ゴムリチウムイオン次電池への応用と電池特性の改善
研究場所 = 山形大学 大学院理工学研究科
発表者氏名 = ○大木信典山形大学院理工学研究科生体センシング機能工学専攻
渡邊剛株式会社フコク
仁科辰夫山形大学院理工学研究科生体センシング機能工学専攻
立花和宏山形大学工学部物質化学工学
遠藤孝志山形大学工学部物質化学工学
尾形建明山形大学工学部物質化学工学
蓄電性ゴム1)

賞候補者 =
講演要旨 = リチウムイオン電池正極合材部は分散溶媒用いるため熱風気流下で乾燥除去しなければならなかったバインダーPVDF用いた場合集電体活物質密着性が必ずしも分でないうえに充放電繰り返しによる活物質の体積変動によって活物質が集電体から剥離するという問題点もあった蓄電性ゴムゴム支持体としているため分散溶媒の乾燥必要とせずPVDF使用しないため正極合材の剥離の問題がないこの電池の正極は蓄電性ゴムして作動していること我々は明らかにしているそこで本実験は正極合材であるベースゴムゴム導電助材適合化目的した充放電試験行い放電容量ベースゴムH-NBR40mAh/gEPDM0.8mAh/g違いにより差が見られた
2)

46回電池討論会@愛知県名古屋3)
ゴム電極AC4)



蓄電性ゴム,材料&試料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

ゴム電極を使ったリチウムイオン二次電池の開発
立花和宏, 研究ノート, (2005).

第46回電池討論会@愛知県名古屋市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

ゴム電極(ACM)グラフ.

(1蓄電性ゴム,材料&試料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(2ゴム電極を使ったリチウムイオン二次電池の開発
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3第46回電池討論会@愛知県名古屋市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4ゴム電極(ACM)グラフ.



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=194

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.