HOME 教育状況公表 本日
⇒#178@学会;

電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理


○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明, 電気化学会第72回大会 , 熊本,



電気重層キャパシタ内部抵抗集電体表面処理
○佐藤和美立花和宏仁科辰夫遠藤孝志足高善也Patrice Simon尾形健明

メタルバルク導電率の影響排除するためにアノード酸化の膜厚変えて接触抵抗測定したところバルブメタルではアルミニウム1)ニオブタンタルの順に接触抵抗が大きくなります2)

●申込者カナ氏名: サトウ カズミ 
●所属名: 山形大学大学院理工学研究科生体センシング機能工学専攻
●講演分類: S10:キャパシタ技術の新しい展開
●講演形式: G:般講演
●全発表者氏名:
佐藤和美登壇者立花和宏仁科辰夫遠藤孝志足高善也Patrice Simon尾形健明 
●所属リスト:
山形大学大学院理工学研究科生体センシング機能工学専攻
佐藤和美,仁科辰夫
山形大学 工学部 物質化学工学 立花和宏,遠藤孝志,尾形健明
東洋アルミニウムコアテクノロジーセンターグループ
足高善也
CIRIMAT-Universite Paul Sabatier
Patrice Simon

●講演題目:電気重層キャパシタ内部抵抗集電体表面処理
●講演概要:電気重層キャパシタに用いられるアルミニウム表面処理の違いが内部抵抗及ぼす影響検討した

東洋アルミサイクリクボルタモグラム3)示す4)

カーボンアルミ箔のリチウム次電池用正極への適応について東洋アルミ5)

物理量
内部抵抗6)接触抵抗7)導電率8)

2005年度平成17年度卒業研究9)

関連発表
佐藤和美,及…らは2005年に名古屋国際会議場名古屋市熱田区熱田西町-1開催された第46回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極集電体アルミニウム表面処理合材界面接触抵抗及ぼす影響について報告している10)

関連講義
アルミニウム|炭素導電助材11)
アルミニウム集電体12)
学会発表200513)
東洋アルミニウム尾工場14)



実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).

東洋アルミ-3グラフ.

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウムの表面処理が合材との界面接触抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

非鉄金属 > 東洋アルミニウム-八尾工場,非鉄金属(アルミニウム・銅)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).

(1実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).
(3サイクリックボルタモグラム,電位,電流, (プロット).
(4東洋アルミ-3グラフ.
(5カーボンアルミ箔のリチウム二次電池用正極への適応についてプロジェクト.
(6内部抵抗(Internal Registance [オーム].
(7接触抵抗( [オーム平方メートル].
(8導電率(conductibity [ジーメンス毎メートル].
(9緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(10リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウムの表面処理が合材との界面接触抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).
(11結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(12実験方法 > 材料&試 > 集電体( > アルミニウム集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(13緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(14非鉄金属 > 東洋アルミニウム-八尾工場,非鉄金属(アルミニウム・銅)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=178

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.