HOME 教育状況公表 本日
⇒#176@学会;

In vivo ESR法によるストレス負荷サケ科魚卵のレドックス状態計測


○吉村裕,桂和彦,伊藤智博,尾形健明, 第43回電子スピンサイエンス学会年会 , 東京,



インビボ(in vivo)電子スピン共鳴ESR法は生体内の酸化還元機能情報得る方法として新たな展開が図られているそこでインビボESR用いて投与スピンプローブ剤動的変化から生体酸化還元状態知ることが可能になり魚卵の防御機構などについての情報得られるものと期待される本研究ではスピンプローブESR法およびESR画像法用いてサケ科魚卵の発生過程における生体酸化還元状態知るとともにサケ科魚卵胚におけるストレス応答評価技術開発ストレス負荷が軽減される養殖魚育種の確立とストレス耐性系統作出への応用図ること目的する



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=176

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.