🏠
🌡️ 📆 令和6年6月16日
⇒#546@レビュー;

4. ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã€é›»æ°—を蓄える部品

小島昇. 電子部品図鑑 . 誠文堂新光社,.
#コンデンサ

参照元

講義ノート:


書評・注釈・コメント

【関連講義】

卒業研究(C1-電気化学2004~),キャパシタ(コンデンサ)キャパシタ(コンデンサ)1)

エネルギー変換化学特論,第4講 キャパシタと電池、電気二重層と界面、帯電と分散2)

【製品】コンデンサ

【関連書籍】電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)

電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)

コンデンサとはどんなものか1)
電解コンデンサとはどんなものか
アルミニウムとはどんな金属か
アルミニウムのエッチング2)
アルミニウムの化成3)
陰極用電極
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの製造
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの規格と性能とその試験
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの選定と使用上の注意
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの歴史と未来

(1 > ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã¨ã¯ã©ã‚“なものか
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(2 > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ ã®ã‚¨ãƒƒãƒãƒ³ã‚°
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(3 > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ ã®åŒ–成
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).

出典:
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)
(永田伊佐也. é›»è§£æ¶²é™°æ¥µã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ é›»è§£ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µ. æ—¥æœ¬è“„電器工業株式会社, . ï¼‰ 3)

大容量キャパシタの現状と課題4)

電子部品(抵抗器、コンデンサ、コイル)5)

コンデンサ


引用・概要・要約・抄訳

コンデンサ、電気を蓄える部品

コンデンサの働き

静電容量の単位

コンデンサの分類

コンデンサの表示の見方

部品選択時に重要な項目

コンデンサの種類

電子部品図鑑(目次)

電子部品図鑑(目次)

部品についての予備知識
電子工作をはじめる前に
抵抗器、電気の流れを調整する部品
スイッチ、電気の流れを手動でON/OFFする部品
コンデンサ、電気を蓄える部品1)
コイル・トランス・水晶、特定の振動数のみ選び出す部品
センサ、自然の量を電気信号に変換する2)
その他の受動部品、欠かせない機構部品や消耗品
ディスクリート半導体、増幅や発振を行う基本要素3)
コネクタ、工具なしでユニットの脱着をする4)
汎用ロジックIC、デジタル回路の基本要素
集積回路(IC)、まとまった機能を一つの部品に凝縮
モジュール、よく使う電子回路をひとつの基板に凝縮

(1 > ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã€é›»æ°—を蓄える部品
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, , (2007).
(2 > ã‚»ãƒ³ã‚µã€è‡ªç„¶ã®é‡ã‚’電気信
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, , (2007).
(3 > ãƒ‡ã‚£ã‚¹ã‚¯ãƒªãƒ¼ãƒˆåŠå°Žä½“、増幅や発振を行う基本要素
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, , (2007).
(4 > ã‚³ãƒã‚¯ã‚¿ã€å·¥å…·ãªã—でユニットの脱着をする
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, , (2007).

出典:
電子部品図鑑(目次)
(小島昇. é›»å­éƒ¨å“å›³é‘‘. èª æ–‡å ‚新光社, . ï¼‰ 1)

小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, , (2007).

【製品】コンデンサ

コンデンサ


出典・引用元

【レビュー】コンデンサ、電気を蓄える部品⇒#546@レビュー;
小島昇. é›»å­éƒ¨å“å›³é‘‘. èª æ–‡å ‚新光社, 2007. .
type=7,id=0

他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。 1 )

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。

2 )

<ul>
<!-- 書評 書評 書評 4. ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã€é›»æ°—を蓄える部品 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=546"> 4. ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã€é›»æ°—を蓄える部品 </a>
<br/> 小島昇.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=136"> 電子部品図鑑 </a> </cite>.
誠文堂新光社, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=546"> 参照 2007-5-30 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 4. ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã€é›»æ°—を蓄える部品 書評 書評 書評 -->
</ul>


【関連講義】

卒業研究(C1-電気化学2004~),キャパシタ(コンデンサ)キャパシタ(コンデンサ)1)

エネルギー変換化学特論,第4講 キャパシタと電池、電気二重層と界面、帯電と分散2)

【製品】コンデンサ

【関連書籍】電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)

電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)

コンデンサとはどんなものか1)
電解コンデンサとはどんなものか
アルミニウムとはどんな金属か
アルミニウムのエッチング2)
アルミニウムの化成3)
陰極用電極
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの製造
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの規格と性能とその試験
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの選定と使用上の注意
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサの歴史と未来

(1 > ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã¨ã¯ã©ã‚“なものか
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(2 > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ ã®ã‚¨ãƒƒãƒãƒ³ã‚°
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(3 > ã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ ã®åŒ–成
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).

出典:
電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)
(永田伊佐也. é›»è§£æ¶²é™°æ¥µã‚¢ãƒ«ãƒŸãƒ‹ã‚¦ãƒ é›»è§£ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µ. æ—¥æœ¬è“„電器工業株式会社, . ï¼‰ 3)

大容量キャパシタの現状と課題4)

電子部品(抵抗器、コンデンサ、コイル)5)

コンデンサ

<%nExtID=546:szRefType="book":szRefHeadLine="小島昇,電子部品図鑑,誠文堂新光社,4. ã‚³ãƒ³ãƒ‡ãƒ³ã‚µã€é›»æ°—を蓄える部品(2007)"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


出版物

表   1 出版物
種類 例
非定期刊行物 図書 ・書籍 ・ 学位論文 ・抜刷り・学校教科書
定期刊行物 新聞・雑誌( 学術論文)・年鑑
そのほか 楽譜、 カレンダー、番組表、 地図

著作物 の著作権は、著者にあります。 しかし、著作物を出版した場合、出版物の著作財産権は、著者ではなく、出版社に帰属することが多いです。


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=546
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.