HOME 教育状況公表 本日
⇒#1973@研究ノート;

電解生成スーパーオキシドのまとめ

日時
関係者(共同研究者)木村祐哉;柳澤

http://mri.yz.yamagata-u.ac.jp/

電解生成スーパーオキシド

電解生成スーパーオキシド (Electrolytic Production of Superoxide)

嶋は支持電解質にTetra-n-butylammonium tetrafluoroborate使用して電解生成スーパーオキシド発生させようとしたが再現性が乏しい問題があった1)木村らは過塩素酸塩類支持電解質使用して電解スーパーオキシド生成試みている2)

反応式にしたがって電気分解操作用いて酸素の電子還元してスーパーオキシドアニオン生成する

反応式O2 + e- <-> O2(-)3)

支持電解質過塩素酸テトラエチルアンモニウムなど


ふじたは2013年にそれまでの研究機能性食品のための総ポリフェノール量分析法とスーパーオキシド消去能評価法の開発に関する研究いうテーマ博士論文してまとめ山形大学卒業した4)

やなぎさわは2013年にそれまでの研究電解生成スーパーオキシド用いる抗酸化能評価法の研究いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した5)

木~哉は2013年にそれまでの研究電解生成スーパーオキシド用いるポリフェノール類の抗酸化能評価というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した6)

柳~貴は2011年にそれまでの研究超酸化カリウム用いるスーパーオキシド消去能評価法の研究-豆類の消去能-というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した7)

出版McCord JM, Fらは1969年にSuperoxide dismutase. An enzymic function for erythrocuprein (hemocuprein)ついてDMF中で電解によって生成したスーパーオキシドSOD反応について書かれている. Electrolytic Production of Superoxide in Dimethylfwrmと述べておりスーパーオキシド次反応速度定数8)1900000000トルモル毎秒9)であると述べている10)
出版Liu, WW; Ogaらは2001年にSuperoxide scavenging activities of sixty Chinese medicines determined by an ESR spin-trapping method using electrogenerated superoxide ついて研究ノート電解生成スーパーオキシド11)述べておりDMPOついて述べている12)



電解生成スーパーオキシドのまとめ
伊藤 智博, 研究ノート, (1).

(1超酸化カリウムを用いるスーパーオキシド消去能評価法の研究
三嶋 瑠璃子, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1).
(2電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価
木村 祐哉, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(3)   O2 + e- ↔   O2-, = -0.33 V, (反応-243).
(4機能性食品のための総ポリフェノール量分析法とスーパーオキシド消去能評価法の開発に関する研究
藤田直樹, 山形大学  物質化学工学科, 博士論文 (1).
(5電解生成スーパーオキシドを用いる抗酸化能評価法の研究
柳澤 和貴, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1).
(6電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価
木村 祐哉, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(7超酸化カリウムを用いるスーパーオキシド消去能評価法の研究-豆類の消去能-
柳澤 和貴, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(8二次反応速度定数 k / L・mol-1・s-1.
(9リットル毎モル毎秒L・mol-1・s-1二次反応速度定数, (単位).
(10Superoxide dismutase. An enzymic function for erythrocuprein (hemocuprein)
McCord JM, Fridovich I., j biol chem.,244,6049(1969).
(11電解生成スーパーオキシドのまとめ
伊藤 智博, 研究ノート, (1).
(12Superoxide scavenging activities of sixty Chinese medicines determined by an ESR spin-trapping method using electrogenerated superoxide 
Liu WW, Ogata T, Sato S, Unoura K, Onodera J, yakugaku zasshi-journal of the pharmaceutical society of japan ,121,265(2001).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1973

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.