HOME 教育状況公表 本日
⇒#87@学会;

リチウムイオン二次電池における正極集電体/合材界面のレート特性


立花和宏,○鈴木智統,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 第42回電池討論会 , 慶應義塾大学日吉キャンパス (横浜市港北区日吉4-1-1) ,



リチウムイオン二次電池正極集電体に用いられるアルミニウム集電体は有機電解液中で不働態化するため導電助剤ある炭素接触することではじめて導電性が与えられるしたがってレート特性は集電体/導電助剤界面抵抗支配されると考えられるそこで正極集電体正極合材接触状態集電体/合材界面レート特性及ぼす影響について検討した

電池討論会.ppt1)
リチウムイオン二次電池における 正極集電体/合材界面レート特性
42回電池討論会神奈川県2)

さくりんは2003年にそれまでの研究電気エネルギー貯蔵デバイスにおける集電体金属表面の接触抵抗の解析というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した3)

リチウム電池関係…はK. Tac…らは2007年にAsymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function…ことが知られている4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,学会発表20015)



第42回電池討論会@神奈川県
立花和宏, 研究ノート, (2001).

結果と考 > 卒業論文 > リチウム電池関係,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2001@C1,【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

(1?ファイル.
(2第42回電池討論会@神奈川県
立花和宏, 研究ノート, (2001).
(3電気エネルギー貯蔵デバイスにおける集電体金属表面の接触抵抗の解析
鈴木 智統, 修士論文, (2003).
(4結果と考 > 卒業論文 > リチウム電池関係,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(5緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2001@C1,【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=87

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.