HOME 教育状況公表 本日
⇒#75@学会;

溶融炭酸塩中におけるアルミニウムの不働態皮膜生成機構


○上村潤, 立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 2001年電気化学秋季大会 , 東京理科大学神楽坂キャンパス,



溶融炭酸塩中におけるアルミニウムの不働態皮膜生成機構

XPS SEM CV

溶融炭酸塩中にアルミニウム入れてCV測定したら不働態化した

かみむらは2001年にそれまでの研究高速サイクリクボルタンメトリーによるリチウム次電池正極活物質と集電体の界面現象の解析というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した1)

関連講義卒業研究-電気化学2004,学会発表20012)



緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2001@C1,【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

(1高速サイクリックボルタンメトリーによるリチウム二次電池正極活物質と集電体の界面現象の解析
上村 潤, 修士論文, (2001).
(2緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2001@C1,【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=75

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.