HOME 教育状況公表 本日
⇒#45@学会;

アルミニウム陽極酸化皮膜の異種界面接触によるリーク電流とインピーダンス挙動の関係


高木泰彦, 1998年電気化学秋季大会 , 長岡技術科学大学,



電気化学会で発表した内容1)インピーダンスさらに深めました

新潟県長岡市

たかぎは1999年にそれまでの研究異種接触界面の導入によるアルミニウム陽極酸化皮膜の導電性発現機構-超高速イオン導電-いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した2)

関連講義卒業研究-電気化学2004,集電体|活物質界面3)



異種界面接触によるアルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊
高木泰彦,表面技術協会 第98回講演大会, (1998).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1異種界面接触によるアルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊
高木泰彦,表面技術協会 第98回講演大会, (1998).
(2異種接触界面の導入によるアルミニウム陽極酸化皮膜の導電性発現機構-超高速イオン導電性-
高木 泰彦, 修士論文, (1999).
(3結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=45

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.