HOME 教育状況公表 本日
⇒#325@学会;

スキャナを用いたポリフェノール含有試料の多検体同時比色分析法の検討


○藤田直樹,日塔優太,齋藤佑,渡邉里花,伊藤智博,尾形健明, 平成24年度 化学系学協会東北大会 , 秋田大学,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp




関連テーマ
高~大は2012年にそれまでの研究スキャナ用いる多検体同時比色分析法の研究 ポリフェノール量の定量というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した1)

さやえんどうは2007年にそれまでの研究ESR法によるヒメウコギ抗酸化能評価の研究というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した2)

豊~朗は2010年にそれまでの研究スキャナによる多検体同時比色分析法の検討というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した3)

斎~慶は2013年にそれまでの研究カイポリフェノールというテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した4)

加~みは2013年にそれまでの研究うこぎポリフェノールいうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した5)

大~子は2013年にそれまでの研究植物ストレスポリフェノールというテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した6)

くうきは2014年にそれまでの研究スキャナーと色吸光による分析仮題というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した7)


(1スキャナを用いる多検体同時比色分析法の研究 ―総ポリフェノール量の定量―
高瀬 雄大, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(2ESR法によるヒメウコギの抗酸化能評価の研究
遠藤芳寛, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2007).
(3スキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)
豊田 樹朗, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(4カイワレ&ポリフェノール
斎藤 充慶, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(5うこぎ&ポリフェノール(仮)
加賀 いづみ, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(6植物ストレス&ポリフェノール(仮)
大木 乃梨子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(7スキャナーと色(吸光)による分析(仮題)
日塔 優太, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2014).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=325

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.