⇒#229@学会;

Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果


, 平成20年度 化学系学協会東北大会 , 八戸工業大学(青森県八戸市大字妙字大開88-1),




①公演題目Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果
②発表形式(1)口頭発表
③研究者氏名(山形大工)重樫起郭立花和宏仁科辰夫
④公演申込者氏名重樫起郭
郵便番号992-8510
住所山形県米沢市城南4丁目3-16 山形大学工学部 仁科立花研究室
電話番号0238-26-3793
FAX番号0238-26-3793
⑤所属学協会名なし
⑥研究発表分類(I)電気化学

隔離紙あり塩化物イオンありの条件のアルミニウムアノード酸化皮膜の漏れ電流Icは7.0mAとなり他条件より高い値示したまた隔離紙あり塩化物イオンありの条件のみ孔食が起き数は50/mm2となった

隔離紙セパレータ

関連講義卒業研究-電気化学2004,バルブメタルサイクリクボルタモグラム1)

やえがしは2011年にそれまでの研究リチウムイオン電池における正極材料とメカニカルミリング法の研究というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した2)

やえがしは2009年にそれまでの研究Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した3)

アルミニウム4)



実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリ > バルブメタルのサイクリックボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー(CV)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

(1実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリ > バルブメタルのサイクリックボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー(CV)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(2リチウムイオン電池における正極材料とメカニカルミリング法の研究
八重樫 起郭, 修士論文, (2011).
(3Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果
八重樫 起郭, 卒業論文, (2009).
(4アルミニウムAluminumAl, = 26.9815 g/mol, (化学種).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/