🏠
🌡️ 📆 令和6年5月22日
戻る 進む ⇒#181@学会;

In vivo ESR法による植物のストレス応答機構の解析


黒澤秀宏,富川恵子,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会 , 盛岡,



これまでにスピンプローブ剤を投与した植物大気汚染物質を意図とした気体の暴露を行い,インビボ(in vivo) ESR法を用いて植物内で起こる酸化還元状態を計測してきた.現在までに植物内がストレスに対し酸化的雰囲気になることが見出されてきたがそれに至る機構については不明である.本研究では,各種阻害剤を用い二酸化窒素曝露に対する応答機構の解析を試みた


化学系9学協会連合東北地方大会
20040917
In vivo ESR法による植物のストレス応答機構の解析
黒澤秀宏,富川恵子,尾形健明

  1 学会発表
口頭発表( 講演
表面技術協会秋2023 riku kenya
  1. 構成 1 )
  2. 題目
  3. カテゴリーの設定、オーラルか?ポスターか?
  4. 講演申し込み

    著者の確認:単著か共著か?共著の場合は、役割分担を明記。ギフトオーサーシップやゴーストオーサーシップは 研究不正 です。 、指示抄録

  5. 参加申し込み 🔷 旅程の作成、宿泊、交通手配、パスポート、クレカ
  6. 講演 草案 (スライド草稿、台本草稿)
  7. 要旨提出

    講演要旨なので、講演スライドの草案をもとに作ります。

ポスター発表(ショートプレゼンあり、なし)

論文講演は、 著作物であり、 知的財産です。

電気化学会発表の著作権規定

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
黒澤秀宏,富川恵子,尾形健明. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=181'> <q><cite> In vivo ESR法による植物のストレス応答機構の解析 </q></cite> </a>.
化学系9学協会連合東北地方大会, 盛岡. 2004.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=181:szRefType="meeting":szRefHeadLine="黒澤秀宏,富川恵子,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会(2004)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=181
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.