HOME 教育状況公表 本日
⇒#11280@シラバス;

リチウム電池正極用アルミ集電体の要求特性及びその表面加工技術

2013-5-17  情報機構
http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC130509.php


このシラバス10347 科目 として開講されています。


概要

10001115

●日時 2013517 10:00-17:30

●会場 [東京蒲田]大田区産業プラザPiO6階D会議室

関連講義卒業研究-電気化学2004,セミナー2013_H25@C11)

リチウム電池正極アルミ集電体要求特性及びその表面加工技術

 アルミニウムは軽量で電気伝導度の高い金属である反面酸化されやすい金属であるこのようなアルミニウムリチウム電池集電体して選択され続けてきたのには訳がある

 本講座ではリチウム電池の唯アルミ集電体電池中のどのような要求に応える特性持っているのか理解深めこれからのリチウム電池の設計指針の道しるべとする

1.リチウム電池の構造と動作原理

 1)電池と電池式

 2リチウム電池構成する材料

 3)電気の流れる経路

2. リチウム電池正極アルミ集電体不働態化

 1)金属の腐食と不働態化

 2) 弁金属としてのアルミニウムの不働態化とバリア皮膜

 3) 有機電解液中でのアルミニウム不働態化アニオン種類

 4) 不働態皮膜の絶縁性と電解液の保護

3.アルミ集電体と炭素導電助材の接触抵抗

 1)絶縁性の不働態皮膜に電気が流れる仕組み

 2)炭素導電助材の表面官能基に電流が流れる仕組み

 3)不働態皮膜の厚みと接触抵抗の関係

 4)炭素導電助材の種類が接触抵抗に及ぼす影響

 5)活物質の種類が接触抵抗に及ぼす影響

4.アルミ集電体の表面加工とその効果

 1アルミ集電体の粗面化と合材密着性に及ぼす影響

 2アルミ集電体の炭素アンダコート接触抵抗及ぼす影響


課題

関連URL

参考文献( 書籍雑誌URL )



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11280

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.