HOME 教育状況公表 令和2年9月26日
⇒#848@講義;

  アルミニウム/LiBF4+水


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(アルミニウム/LiBF4+水)の親単元は アルミニウムとその化合物 です。

初版
アルミニウム中性水溶液中でアノード分極すると溶媒水が酸化物イオン供給源となりアルミニウム表面バリヤ型の酸化皮膜生成して不働態化する1)したがって水分濃度が極めて低い有機電解液中でアルミニウムアノード分極しても酸化物イオン供給源がないのでバリヤ型の酸化皮膜は生成しない2)しかしッ素含むアニオン持つ溶質持つ有機電解液では溶質のアニオンフッ化物イオン供給源となりアルミニウム表面バリヤ型のッ化皮膜生成して不働態化する3)水溶液中での皮膜生成機構は高電場機構して知られるが4)ッ化皮膜生成する場合も高電場機構従う5)このようなッ化皮膜のリチウムイオン次電池の正極集電体の耐食性に深くかかわる6)言え製造プロセスでは微量水分の混入は避けられないそこで有機電解液中に水分が共存する場合のアルミニウム不働態化ついて検討行った7)

8)


アルミニウム正極集電体の特許
立花和宏, 研究ノート, (2006).

リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-水分の影響-
立花和宏,○佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志, 2000年電気化学秋季大会, (2000).

(1電解法による酸化皮膜(目次)
馬場宣良, 電解法による酸化皮膜, 槇書店, (1996).
(2無水に近い条件下の有機電解質中におけるアルミニウムのアノード酸化
UE M, ASAHINA H, MORI S (Mitsubishi Chemical Corp., Ibaraki, JPN), Journal Full.(1995).
(3フッ素有機化合物アニオンの正極に対する影響
金村聖志, Journal Full.(1998).
(4バルブ金属表面に生成するアノード酸化皮膜の構造と性質
清水健一、幅崎浩樹、P.Skeldon, G.E. Thompson, G. C. Wood, Journal Full..(1999).
(5リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, .(2001).
(6アルミニウム正極集電体の特許
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(7リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-水分の影響-
立花和宏,○佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志, 2000年電気化学秋季大会, (2000).
(8リチウム二次電池正極集電体アルミニウムの不働態皮膜形成に及ぼす水分の影響
立花, Journal Full. In press.....(2000).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=848'> <q><cite> アルミニウム/LiBF4+水 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=848'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=848 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-9-26">2020-9-26</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=848

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.