HOME 教育状況公表 本日
⇒#2617@講義;

  還元、カソード、化学吸着、半導体

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(還元、カソード、化学吸着、半導体)の親単元は 【2007年(平成19)エネ変】 です。

初版
化学種分子イオン電子受け取ること還元するといいます化学種が金属固体だったらその表面に析出してしまいますカソード金属電子受け取るかわりに金属表面吸着した化学種分子イオン電子押し付けることもあります金属と半導体の接触界面でもこのような電子移動が起こります

電池放電するとき正極がカソードなり正極活物質還元されますたとえば乾電池では酸化マンガン水酸化酸化マンガンへと反応します1)

関連講義無機化学,酸化還元無機化学2)
3)4)

関連書籍電気化学5)

無機化学 > 酸化と還元@無機化学,無機化学_アウトライン
立花 和宏,無機化学, 講義ノート, (2009).

(1)   2MnO2 + H2O + 2e- ←→   Mn2O3 + 2OH-, = 0.15 V, (反応-194).
(2無機化学 > 酸化と還元@無機化学,無機化学_アウトライン
立花 和宏,無機化学, 講義ノート, (2009).
(3 > 物質の反応
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(4 > 物質の変化
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(5 > 電気化学
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 還元、カソード、化学吸着、半導体 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2617'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2617 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-5-22">2019-5-22</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2617

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.