HOME 教育状況公表 本日
⇒#542@研究ノート;

【学会】平成18年度化学系学協会東北大会@秋田県秋田市

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

平成18年度化学系学協会東北大会@秋田県秋田市

平成18年度化学系学協会東北大会
会期2224
会場秋田大学1) 手形キャンパス秋田県秋田市手形学園町1-1
発表申込締切 23
予稿原稿締切 11
加登録予約申込締切18

JAXA能代多目的実験場
http://www.jaxa.…

秋田県2)です

日本化学会秋田3)

,電気重層,平成18年度4)

後藤善仁…らは2006年にで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において有機電解液用いたニオブ材料電解研磨条件検討について報告している5)

志井洋介,伊…らは2006年に秋田大学 手形キャンパスで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において環境教育と環境マネジメント統合システム開発ついて報告している6)

21米沢出発能代へ
JAXA能代多目的実験場
〒016-0179
秋田県能代市浅内字下西山1
TEL 0185-52-7123代表

平成18年度化学系学協会東北大会
会期2224
会場秋田大学 手形キャンパス秋田県秋田市手形学園町1-1

鳥めし弁当いただきました
関根屋018-833-6461

24米沢

7)

藤島昭先生のセレンディピティに関するお話は面白かったです研究センス雰囲気αです!

20068)
●化学系学協会連合東北地方大会9)
2006平成18年度研究ノート10)



高等学校 > 地理(高 > 東北地方 > 秋田県,東北地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

日本化学会@秋田
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

電気二重層キャパシタの電解液による接触抵抗の非可逆性
西川幸秀,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).

有機電解液を用いたニオブ材料の電解研磨条件の検討
後藤善仁,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).

環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).

2006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

【学会】化学系学協会東北大会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

(1秋田大学学校
〒010-8502 秋田市手形学園町 1番1号.
http://www.akita-u.ac.jp/honbu/
(2高等学校 > 地理(高 > 東北地方 > 秋田県,東北地方
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(3日本化学会@秋田
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(4電気二重層キャパシタの電解液による接触抵抗の非可逆性
西川幸秀,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).
(5有機電解液を用いたニオブ材料の電解研磨条件の検討
後藤善仁,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).
(6環境教育と環境マネジメントの統合システムの開発
志井洋介,伊藤智博,立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,尾形健明,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).
(7研究にはセンスと雰囲気、そしてプラスα
, ,0,1(2006).
(82006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(9【学会】化学系学協会東北大会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(102006年(平成18)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2009).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=542

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.