🏠
🌡️ 📆 令和4年11月26日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 0414式セル液量測定プラン

⇒#2612@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/2020/tka23723/haruka_tanabe.asp

溶液0.1 mlを測定と仮定して

スポイト一滴が0.05 mlくらいだからスポイト2滴たらすとおおよそ0.1 mlになる。

(ディスコスポイトで伊藤先生が一滴の量を測ったら0.043gだった)

上皿電子天秤に0414式セルを置き風袋引きする。

10 mlビーカーに溶液をいれスポイトで適量取り出す。

0414式セルに溶液を0.1 ml(0.1 g)たらす(おおよそ2滴)

pH変化の観察の実験でNaOH水溶液を0414式セルに垂らした実験をした際にNaOH水溶液が少量だとすぐ乾いてしまって観察ができなかったので太い亜鉛線を使ってNaOH水溶液を多くたらせるようにし、NaOH水溶液が乾かないようにする必要がある。

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=2612


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.