HOME 教育状況公表 本日
⇒#3@表;

ABとKBの違い


*ABKB
比表面積
分解電圧
位相
接触抵抗
表面官能基

炭素材料はその種類によって接触抵抗が大きく異なります

卒論しゅんは2011年にそれまでの研究カーボンブラの種類がEDLCモデル電極に及ぼす影響というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

試料MMPBF42)チェンブラEC300J3)アセチレンブラ基準試料4)

学会本田小…らは2013年に京都教育文化センターで開催された第40炭素材料学会において交流インピーダンス測定よるリチウムイオン次電池の合材スラリー分散安定性モニタリングついて報告している5)

学会○及川俊他,…らは2011年に東北大学川内北キャンパスで開催された平成23年度 化学系学協会東北大会において過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材集電体微小剥離の解析について報告している6)



交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング
本田千秋、小野寺伸也、伊藤知之、立花和宏、仁科辰夫,講演要旨集 (2013).

過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

(1カーボンブラックの種類がEDLCモデル電極に及ぼす影響
山本 俊, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2011).
(2MMPBF4, 9号館:仁科辰夫研究室, 仁科 辰夫, (2010).
(3ケッチェンブラックEC300J, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2011).
(4アセチレンブラック(基準試料), 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(5交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング
本田千秋、小野寺伸也、伊藤知之、立花和宏、仁科辰夫,講演要旨集 (2013).
(6過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

表の書きかた