HOME 教育状況公表 本日
⇒#572@卒論;
2015 ( 2013 , 2014 , 2015 , ) 卒業論文

バインダの誘電率と電解液の分解電圧の関係

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花・伊藤研    大内 慎司

卒業研究について 2013 2014 2015

【卒論】バインダの誘電率と電解液の分解電圧の関係⇒#572@卒論;
バインダの誘電率と電解液の分解電圧の関係
大内 慎司, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).

  1. リチウム電池(アルニウム)
  2. 鉛電池
  3. アルミニウム関係


アルミニウムの種類と接触抵抗

近年リチウムイオン電池の使用用途は従来の民生用途から車載用途へ拡大しておりリチウムイオン次電池の更なる高出力化が求められている高出力化のニーズ伴い正極活物質の電位はさらに高電位化していく可能性が考えられ電極構成するバインダも高い耐酸化性能が要求されると考えられる1)
 これまでリチウムイオン次電池に用いられる正極多孔質電極の般的な製造方法としては分散媒にNMP用いた有機溶剤系スラリー集電体塗布する方法が主として用いられてきたこれに対して安全性や環境面製造コストから分散媒に水用いた製造方法の開発が求められている2)
以前は負極バインダとしてPVDFNMP溶媒に溶解させた溶剤系バインダ使用されていたが充電極板の過熱分解発熱量が低い高容量が得やすいサイクル特性優れるなどの点からSBRやポリアクリレート代表されるポリマー水中に粒子状に分散させた水系バインダーが多く使用されるようになり現状では市場の70%近く占める3)
 佐藤らは有機電解液中で電解液の分解電圧測定比誘電率高いバインダ樹脂ほど電解液の分解電圧が高いと報告している?)


アクリルバインダアルミ箔に塗工した場合の静電容量の違いについて

高速充放電可能なマンガンリチウム高誘電率である原因の解明

バインダの誘電率と電解液の分解電圧の関係


緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的

実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

には図題(キャプション)や表題をつけます。 の 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表URL

<li> <article> 大内 慎司. <q><cite> バインダの誘電率と電解液の分解電圧の関係 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2015. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=357'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=357</a>, (参照 <time datetime="2019-12-12">2019-12-12</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2015   大内 慎司,  山形大学  All rights reserved.