HOME 教育状況公表 本日
⇒#90@学会;

5V級リチウムイオン二次電池用アルミニウム集電体の皮膜絶縁性に対する電解質濃度依存性


○立花和宏,吉村裕,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 第43回電池討論会 , 博多(九州産業大学),



5V級リチウムイオン二次電池アルミニウム集電体の皮膜絶縁性に対する電解質濃度依存性有機電解液中でも濃度が低いとブレークダウン電圧が高くなった

よっすぃは2002年にそれまでの研究ESRスピンプローブ法によるサクラマス魚卵の酸化還元能計測というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した1)

よっし2005年にそれまでの研究ESR法による魚類のストレス評価技術開発関する研究というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

43回電池討論会-博多市3)

物理量導電率4)モル濃度5)ブレークダウン電圧6)

関連講義卒業研究-電気化学2004,学会発表20027)



【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花 和宏, 研究ノート, (2002).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).

(1ESRスピンプローブ法によるサクラマス魚卵の酸化還元能計測
吉村 裕, 卒業論文, (2003).
(2ESR法による魚類のストレス評価技術の開発に関する研究
吉村 裕, 卒業論文, (2005).
(3【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花 和宏, 研究ノート, (2002).
(4導電率(conductibity [ジーメンス毎メートル].
(5モル濃度( [モル毎立方メートル].
(6ブレークダウン電圧(breakdown voltage [ボルト].
(7緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=90

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.