⇒#231@学会;

電解液に有機ゲルマニウムを添加した鉛蓄電池の酸素過電圧の濃度依存性


玉野 佑季立花 和宏仁科 辰夫菅原 陸郎, 平成20年度 化学系学協会東北大会 , 八戸工業大学(青森県八戸市大字妙字大開88-1),


【学会】電解液に有機ゲルマニウムを添加した鉛蓄電池の酸素過電圧の濃度依存性⇒#231@学会;
電解液に有機ゲルマニウムを添加した鉛蓄電池の酸素過電圧の濃度依存性
○玉野佑季,立花和宏,仁科辰夫,菅原陸郎,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).



玉野 佑季は2009年にそれまでの研究鉛蓄電池電解液への有機ゲルマニウム添加によるPbO2正極の酸素過電圧上昇についてというテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

①公演題目電解液に有機ゲルマニウム添加した鉛蓄電池酸素過電圧濃度依存性
②発表形式(1)口頭発表
研究者氏名(山形大工)○玉野佑季立花和宏仁科辰夫菅原陸郎
(ITE)小沢昭弥
④公演申込者氏名玉野佑季
郵便番号992-8510
住所山形県米沢市城南4丁目3-16 山形大学工学部 仁科立花研究
電話番号0238-26-3793
FAX番号0238-26-3793
電子メールアドレスexh45977@dipfr.dip.yz.yamagata-u.ac.jp
⑤所属学協会名なし
研究発表分類(I)電気化学

有機ゲルマニウム2)
サイクリクボルタモグラム3)
サイクル4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,鉛電池5)
鉛電池に関する研究ITE6)



緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > 鉛電池,二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1858).

(1鉛蓄電池電解液への有機ゲルマニウムの添加によるPbO2正極の酸素過電圧上昇について
玉野 佑季, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(2有機ゲルマニウム, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2008).
(3サイクリックボルタモグラム,電位,電流, (プロット).
(4サイクル数 n / .
(5緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > 鉛電池,二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1858).
(6鉛電池に関する研究プロジェクト.


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/