HOME 教育状況公表 本日
⇒#839@講義;

  コバルト酸リチウム(層状岩塩型)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(コバルト酸リチウム(層状岩塩型))の親単元は 正極活物質 です。

初版
LCOと略されます高速動作可能には不向きです炭素活物質界面生成する正極SEIが分散剤やバインダー影響受けにくく放電過程でのリチウムイオン脱溶媒和で溶媒選ばずスラリー作りやすいです表面誘電率が低いのでアンダーコート不要です

コバルトリチウム1)2)
クエン酸錯体3)法で合成する方法もあります

リチウムイオン次電池4)正極活物質として使われます5)

コバルトリチウム6)7)

Li+e<->LiCoO2(トポタクティ反応)8)
電池容量密度9)137ミリアンペアアグラム0.5電子

岩塩型10)

なかたには2000年にそれまでの研究クエン酸錯体浸漬法によるLiCoO2,LiNiO2,LiMn2O4薄層電極の作成というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した11)

○槙清崇,長…らは1998年に仙台国際センターで開催された第39回電池討論会においてLiCoO2薄膜のLiイオン挿入脱離特性対する集電材導電助材影響ついて報告している12)


関連講義
講演アウトライン次電池13)

実験方法 > 材料&試 > クエン酸錯体,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > リチウムイオン二次電池,二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

LiCoO2薄膜のLiイオン挿入/脱離特性に対する集電材・導電助材の影響
○槙清崇,長正路巧,立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).

 > 講演のアウトライン(二次電池),
立花 和宏,正極活物質の結晶構造と高, 講義ノート, (2007).

(1コバルト酸リチウムLiCoO2, = 97.873 g/mol, (化学種).
(2岩塩型構造.
(3実験方法 > 材料&試 > クエン酸錯体,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池 > 二次電池 > リチウムイオン二次電池,二次電池
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(5 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, , (1996).
(6コバルト酸リチウムLiCoO2, = 97.873 g/mol, (化学種).
(7コバルト酸リチウム, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2005).
(8)   Li+ + e- + CoO2 ←→   LiCoO2, = 0.8 V, (反応-414).
(9電池容量密度 Q / mA·h/g.
(10岩塩型構造.
(11クエン酸錯体浸漬法によるLiCoO2,LiNiO2,LiMn2O4薄層電極の作成
中谷 基, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(12LiCoO2薄膜のLiイオン挿入/脱離特性に対する集電材・導電助材の影響
○槙清崇,長正路巧,立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).
(13 > 講演のアウトライン(二次電池),
立花 和宏,正極活物質の結晶構造と高, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> コバルト酸リチウム(層状岩塩型) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=839'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=839 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-21">2019-9-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=839

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.