HOME 教育状況公表 本日
⇒#2872@講義;

  第1節 正極集電体に対するAl不働態化と不働態皮膜(バルブメタル)の制御


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(第1節 正極集電体に対するAl不働態化と不働態皮膜(バルブメタル)の制御)の親単元は Li電極材料の分散・凝集とスラリー調整・塗布・乾燥技術 です。

初版
電解液アルミニウム
活物質集電体
アルミニウムと導電助材の接触抵抗

 合材塗布における集電体界面制御表面処理
[] 正極集電体に対するAl不働態化と不働態皮膜(バルブメタル)の制御
[] アルミニウム箔電極集電体表面処理
[] リチウムイオン次電池用集電体銅箔の特性と表面加工処理     
[] 合金系薄膜電極の作製と負極特性
[] 電極被膜形成剤の制御とその効果         [] リチウムイオン次電池用集電体密着剥離防止に優れた正極合剤と表面処理加工


清水健幅崎浩樹P.らは1999年にバルブ金属表面に生成するアノード酸化皮膜構造性質ついてバルブ金属表面生成するアノード酸化皮膜構造性質高電場機構 清水健幅崎浩樹P.Skeldon, G.E. Thompson, G. C. Wood 表面技術 述べている1)

電解法による酸化皮膜目次2)
アルミニウムの化成3)

立花和宏らは2007年に非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電位 ついて非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電位 関連講義非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧,非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレ述べている4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウム|有機電解液界面5)

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1バルブ金属表面に生成するアノード酸化皮膜の構造と性質
清水健一、幅崎浩樹、P.Skeldon, G.E. Thompson, G. C. Wood, 表面技術,50,2(1999).
(2 > 電解法による酸化皮膜(目次)
馬場宣良, 電解法による酸化皮膜, 槇書店, (1996).
(3 > アルミニウムの化成
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(4非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電位
立花和宏, 表面技術,58,340(2007).
(5結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 第1節 正極集電体に対するAl不働態化と不働態皮膜(バルブメタル)の制御 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2872'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2872 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-20">2019-9-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2872

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.