HOME 教育状況公表 本日
⇒#2861@講義;

  組み電池とバッテリーマネージメント


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(組み電池とバッテリーマネージメント)の親単元は エネルギーデバイス(電池やキャパシタ) です。

初版
たつきは2009年にそれまでの研究交流信号利用による電気化学デバイスマネージメントシステムいうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した1)

○西俣 ,…らは2007年に福岡県福岡市で開催された第48回電池討論会においてククロフトウォルトン回路用いた組電池マネージメントシステムの最適化について報告している2)

さかいは2007年にそれまでの研究鉛蓄電池充電回路におけるククロフトウォルトン回路応用というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した3)

さとるは2007年にそれまでの研究安全な電気自動車用リチウムイオン次電池の設計技術に関する研究というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した4)

根~樹は2006年にそれまでの研究ククロフトウォルトン回路利用した充電回路の鉛蓄電池への適用というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した5)

田中智…らは2005年に名古屋国際会議場名古屋市熱田区熱田西町-1開催された第46回電池討論会においてククロフトウォルトン回路利用した組電池充電回路の設計と動作検証について報告している6)



コッククロフト・ウォルトン回路を用いた組電池マネージメントシステムの最適化
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,第48回電池討論会, (2007).

コッククロフトウォルトン回路を利用した組電池充電回路の設計と動作検証
田中智,第46回電池討論会, (2005).

(1交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム
西俣 樹, 修士論文, (2009).
(2コッククロフト・ウォルトン回路を用いた組電池マネージメントシステムの最適化
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,第48回電池討論会, (2007).
(3鉛蓄電池充電回路におけるコッククロフトウォルトン回路の応用
坂井 陽介, 卒業論文, (2007).
(4安全な電気自動車用リチウムイオン二次電池の設計技術に関する研究
田中 智, 修士論文, (2007).
(5コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用
根本直樹, 卒業論文, (2006).
(6コッククロフトウォルトン回路を利用した組電池充電回路の設計と動作検証
田中智,第46回電池討論会, (2005).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 組み電池とバッテリーマネージメント </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2861'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2861 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-27">2019-6-27</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2861

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.