HOME 教育状況公表 本日
⇒#2689@講義;

  過酸化水素水(減極剤)


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(過酸化水素水(減極剤))の親単元は 正極活物質 です。

初版
酸化剤

過酸化水素1)
2H2O<->H2O2(aq)+2H(+)2)
マンガンカリウム3)
Mn(2+)+4H2O<->MnO4(-)+8H(+)4)
クロムカリウム5)
2Cr(3+)+7H2O<->Cr2O7(2-)+14H(+)6)

関連講義
無機分析化学応用実験,ダニエル電池作成と単極電位の確認7)
エネルギー変換化学特論, 電気エネルギー物質~電池とキャパシタコンデンサ8)

物質の反応9)
物質の変化10)

ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀/塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).

第2講 電気エネルギーと物質~電池とキャパシタ(コンデンサ)~,2009年(平成21)エネ変
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

(1過酸化水素Hydrogen peroxideH2O2, FW = 34.01468 g/mol, (化学種).
(2)   H2O2 + 2H+ + 2e- =   2H2O, E = 1.763 V, (反応-258).
(3過マンガン酸カリウムKMnO4, FW = 158.0339 g/mol, (化学種).
(4)   MnO4- + 8H+ + 5e- =   Mn2+ + 4H2O, E = 1.51 V, (反応-198).
(5二クロム酸カリウムK2CrO7, FW = 242.1885 g/mol, (化学種).
(6)   Cr2O72- + 6e- =   14H+ + 2Cr3+ + 7H2O, E = 1.36 V, (反応-113).
(7ダニエル電池の作成と単極電位の確認,銀/塩化銀電極(基準電極)の作成とエレクトロメータの較正
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).
(8第2講 電気エネルギーと物質~電池とキャパシタ(コンデンサ)~,2009年(平成21)エネ変
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(9物質の反応
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(10物質の変化
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 過酸化水素水(減極剤) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2689'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2689 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-17">2019-9-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2689

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.