HOME 教育状況公表 令和2年9月30日
⇒#261@講義;

001.002.  研究分野


この 講義 卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~) の単元です。 この講義(研究分野)の親単元は 特になし です。

初版
研究分野はフリーラジカル化学基盤として電子スピン共鳴(ESR)法の開発と応用について研究行っている
研究グループ大きく分けてつあり計測法の開発研究グループ応用研究グループであるそれぞれの分野の具体なテーマついて下記に示す
1.計測法の開発研究グループ
In vivo (インビボ) ESR時空計測法の開発
 時系列画像法
 局所マイクロ波ESR法
 局所磁場焦点法
ポータブルESR装置開発
スピントラップ法スピンプローブ法開発
2.応用研究グループ
生体動物マウスサクラマス植物)の酸化還元状態計測
植物ストレス応答計測
素材炭素ガラス食品機能計測
ESR法による過酸化水素濃度測定
排気ガス


平成16年度大学院生の研究テーマ下記に示す
 ESR法による過酸化水素定量過酸化水素消去能の評価
 ESR法による煙の酸化還元能の評価
 ESR法による食品酸化能評価
 ESR法による植物ストレス応答機構関する研究
 活性酸素消去能評価法の標準化とその応用
 ガラス表面おける酸化能評価
 磁場焦点法よるピンポイント電子スピン共鳴システム開発
 小型L-バンドESR装置よる屋外植物ストレス計測
 サクラマス魚卵の酸化還元機能計測

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=261'> <q><cite> 研究分野 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11062'> 卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~) <a/a> 講義ノート, 2005.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=261'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=261 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-9-30">2020-9-30</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=261

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.