HOME 教育状況公表 令和4年9月28日
⇒#2588@講義;

  アルミニウム|水溶液


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 集電体|電解液(界面) 」 の中で、 「アルミニウム|水溶液」について 述べられています ⇒#2588@講義;。

初版
アルミニウムアジピンアンモニウムなどの水溶液中でアノード酸化したとき緻密なバリア型の不働態皮膜生成するバルブメタルして知られている般に水溶液中におけるアルミニウムアノード酸化は次のような反応で進行しAl2O3酸化皮膜生成するこのときアルミニウム溶媒酸化物イオンの供給源として不働態皮膜生成する

2Al + 3H2O  Al2O3 + 6H+ +6e- (1)

このようなアルミニウムはじめとするバルブメタルアノード酸化に関する研究は古くからありそれらの要点は不働態皮膜中横切るイオン電流密度jと皮膜に印加される高電場eとが非線形な関係にあるということでそれに類した理論は高電場機構と呼ばれているそのもっとも典型的な関係として(2)示したのがA. GunterschulzeとH. Betzであり1934年のことである1)


立花和宏, …らは1999年にアジピンアンモニウム水溶液中における微小電極用いたアルミニウム陽極酸化ついて報告しアジピンアンモニウム水溶液中で溶液抵抗の影響の少ない微小電極用いてアルミニウム陽極酸化反応速度ついて調べたその結果1000V/s以上の高速電位掃引にも追従する非常に高速な反応である…と述べている2)

せんばは1997年にそれまでの研究アジビンアンモニウム水溶液中における微小アルミニウム電極陽極酸化いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した3)

こまたは1998年にそれまでの研究アルミニウム陽極酸化における定電位電流絞り込み過程での皮膜成長機構というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した4)

小又義…らは1997年に新宿で開催された電気化学会第65回大会においてアルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-について報告している5)

関連講義卒業研究-電気化学2004,サイクリクボルタンメトリー6)

アルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-
小又一義,電気化学会第65回大会, (1997).

実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > サイクリックボルタンメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1電流密度は電場強度の指数に比例(高電場機構)
A. Gunterschulze, H. Betz, Z. Phys.,92,367(1934).
(2アジピン酸アンモニウム水溶液中における微小電極を用いたアルミニウム陽極酸化
立花和宏, 仁科辰夫, 遠藤孝志, 松木健三, Electrochemistry, Vol.67, No.7, pp.774-779, (1999).
(3アジビン酸アンモニウム水溶液中における微小アルミニウム電極の陽極酸化
仙波 浩二, 卒業論文, (1997).
(4アルミニウム陽極酸化における定電位電流絞り込み過程での皮膜成長機構
小又 一義, 修士論文, (1998).
(5アルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-
小又一義,電気化学会第65回大会, (1997).
(6実験方法 > 装置と器 > 測定と評 > サイクリックボルタンメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl2588' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2588'> ◇ </a> <a href=''> アルミニウム|水溶液 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2588'> <q><cite> アルミニウム|水溶液 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2588'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2588 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-9-28">2022-9-28</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2588


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.