HOME 教育状況公表 本日
⇒#2362@講義;

  2008年(H20年度)―無機工業化学

http://campus3.kj.yamagata-u.ac.jp/syllabus/2008/html/2008_05_53283.html

この 講義 無機工業化学 の単元です。 この講義(2008年(H20年度)―無機工業化学)の親単元は 無機工業化学の開講履歴 です。

初版
200820年度無機工業化学

なぜそれしたのか?製鉄と量子力学学問
だれと何競争したのか?エジソンテスラ発明
どんな問題どう解決したのか?ハイオクガソリンディーゼルエンジン燃費

中示範B教室1)

教科書
最新工業化学持続的社会に向けて目次2)
モノができる仕組み辞典目次3)

10月 工業化学の歴史特徴20084)
10月 アルカリ工業と肥料水資源
10月16川井先生 製塩イオン交換膜と燃料電池工業電解
10月23 鉄鋼精錬と建材造船鉄道石炭
10月30 非鉄金属製錬と電線航空機自動車部品
11 ケイ素製錬ガラスセメントセラミクス窯業
1113 中間試験
1120 燃料エネルギープラント電力ーク
1127 パルプ繊維
12 自動車と自動車部品
1211 半導体フォトリソグラフィー
1218 情報メディア情報機器家電製品
15 食品包装バイオ
14 ISO14001グリーンケミストリー持続社会へ向けて

関連講義
山形大学工学部,秦逸教授記念展示室5)
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,山形県産業科学館6)

中示範B教室,4号館(講義棟)
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

工業化学の歴史・特徴(2008),2008年(H20年度)―無機工業化学
立花 和宏, 無機工業化学, 講義ノート, (2009).

秦逸三教授記念展示室,2F展示室
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

山形県産業科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

(1中示範B教室,4号館(講義棟)
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(2最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(3モノができる仕組み辞典(目次)
成美堂出版編集部, モノができる仕組み辞典, 成美堂出版, (2008).
(4工業化学の歴史・特徴(2008),2008年(H20年度)―無機工業化学
立花 和宏, 無機工業化学, 講義ノート, (2009).
(5秦逸三教授記念展示室,2F展示室
仁科 辰夫, 山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(6山形県産業科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Minobu-Town. <q><cite> 2008年(H20年度)―無機工業化学 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11133'> 無機工業化学 <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2362'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2362 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-18">2019-11-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2362

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.