HOME 教育状況公表 本日
⇒#2201@講義;

  タンタル固体電解コンデンサ


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(タンタル固体電解コンデンサ)の親単元は キャパシタ(コンデンサ) です。

初版
タンタル粉末アノード酸化して1)その皮膜誘電体カソードポリピロールポリチオフェンなどの導電性高分子使ったコンデンサCPUの近くに配置してパスコンして動作させます

耐電圧2)が大きくなる分皮膜の厚み3)が大きくなり静電容量4)が小さくなるため耐電圧と静電容量の積CV積呼んで粉末の比表面積5)示す目安とします

タンタル6)|酸化タンタル()7)ポリチオフェンカーボン8)

金属|金属酸化物…は…ことが知られている9)

関連講義
固体電解コンデンサ,固体電解コンデンサ10)

関連書籍
コンデンサ電気蓄える部品11)
コンデンサとはどんなものか12)

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 金属|金属酸化物,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

 > 固体電解コンデンサ,
立花 和宏,固体電解コンデンサの耐電, 講義ノート, (2005).

(1)    + 10H+ + 10e- ←→   2Ta + 5H2O, = -0.81 V, (反応-360).
(2耐電圧(withstand voltage [ボルト].
(3厚み(thickness [メートル].
(4静電容量(electrostatic capacity [ファラッド].
(5比表面積(specific surface area [平方メートル毎キログラム].
(6タンタルTantalumTa, = 180.948 g/mol, (化学種).
(7酸化タンタル(Ⅴ), = 441.893 g/mol, (化学種).
(8SilverAg, = 107.868 g/mol, (化学種).
(9結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 金属|金属酸化物,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(10 > 固体電解コンデンサ,
立花 和宏,固体電解コンデンサの耐電, 講義ノート, (2005).
(11 > コンデンサ、電気を蓄える部品
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, (2007).
(12 > コンデンサとはどんなものか
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2201'> <q><cite> タンタル固体電解コンデンサ </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2201'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2201 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-8-12">2020-8-12</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2201

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.