🏠
🌡️ 📆 令和4年12月6日
⇒#2050@文献;

高分子ゲル

https://www.jstage.jst.go.jp/article/networkpolymer1980/15/4/15_195/_pdf/-char/ja
jstage DOI :
項目 内容
タイトル 高分子ゲル
著者 田 中 穰*・ 長 田 義 仁*
書誌情報 「熱硬化性樹脂」Vo1.15No.4(1994)

コメント

高分子ゲル全体概説するために,その構造,形成過程,性質,応用について記述したゲル構造ついては対象とする尺度巨視的なものから微視的なものまで分けた考え方が適切である形成過程ではパーコレーションモデル対応から導かれるゾルーゲル転移の理論紹介した転移点近傍における物理的諸量 は転移点からのずれ示す換算変数のべき乗で表され,転移点近傍は臨界現象のつとして取り扱われるそして高分子ゲルが示す性質として網目の膨潤,弾性,保水性について記した最後に,応用について比較的近年活発に研究開発されているものの例みた高分子ゲル活用範囲は生医学分野か ら土木建築などに至るまで非常に多岐にわたり,ゲル素材して高い可能性持っている


引用箇所

ねんど1)


出典:高分子ゲル


引用元


田 中 穰*・ 長 田 義 仁* (2021). 高分子ゲル. , Vol.0, 0-0
<!-- 論文 論文 論文 論文 論文 高分子ゲル  -->
<ul>
<li>
<article>
田 中 穰*・ 長 田 義 仁*. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=2050'> <q><cite> 高分子ゲル </q></cite> </a>.
「熱硬化性樹脂」Vo1.15No.4(1994).
</article>
</li>
</ul>
<!-- 論文 論文 論文 論文 論文 高分子ゲル  -->

<%nExtID=2050:szRefType="paper":szRefHeadLine="田 中 穰*・ 長 田 義 仁*,高分子ゲル"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=2050


〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.