🏠
🌡️ 📆 令和6年4月21日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 皮膜成長について

⇒#377@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2005.html
#🗒️👨‍🏫グラフ#🗒️👨‍🏫直線#🗒️👨‍🏫腐食#🗒️👨‍🏫ニオブ#🗒️👨‍🏫誤差#🗒️👨‍🏫電解#🗒️👨‍🏫分解#🗒️👨‍🏫イオン#🗒️👨‍🏫観察#🗒️👨‍🏫電子#🗒️👨‍🏫試料#🗒️👨‍🏫移動度

ページ番号がないなあ・・・
[18:18:35] ymuymuの発言:LiClO4の4がうわつきです
[18:21:51] ymuymuの発言:正式名称ってIUPAC名ではないよねえ・・・?
[18:23:44] ymuymuの発言:「一定になる理由」は皮膜の成長がとまった結果、「電子なだれによる電解が起きたため」と考えられます
[18:25:36] ymuymuの発言:試料Aにはバインダもないのですよね?
[18:26:29] ymuymuの発言:バインダの細孔通過あるいは浸透したイオンの移動度1)の低下は考えられませんか?
[18:27:42] ymuymuの発言:グラフの直線は少し外挿して誤差を示してください
ニオブではアルミと逆に水分が少ない方が腐食が観察されます
[18:34:02] ymuymuの発言:このことはニオブは過酸化物イオンの分解によって生ずる塩化物イオンに対しては安定であることを示唆します
[18:35:31] ymuymuの発言:以上

http://www.elect…

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

表   1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2001 R-17 H13 S76 T90 M134
2002 R-16 H14 S77 T91 M135
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
*

◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=377
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.