HOME 教育状況公表 本日
⇒#495@卒論;
2012 卒業論文

硫酸銅を使用した緑葉ドライフラワーの作製に関する研究

山形大学  物質化学工学科  尾形・伊藤(智)研    日塔 優太

卒業論文提出(最終) 2011 2012

卒論】硫酸銅を使用した緑葉ドライフラワーの作製に関する研究⇒#495@卒論;
硫酸銅を使用した緑葉ドライフラワーの作製に関する研究
日塔 優太, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).



    ドライフラ年配の方中心に日本でも広く親しまれており寿命3ヶ月〜1年程度と言われているそれ時間の経過に伴い葉が色褪せてしまい葉のクロロフィル(葉緑素)光や熱で分解してしまうからである保存期間が長くなれば次の時期まで観賞することができるようになる保存期間長くする方法調べていく中で特許硫酸銅銅が投入された酸性液で花煮込み中心金属銅で置換しより安定性の高い銅クロロフィルする方法があった本研究でより簡単に硫酸銅吸わせて銅クロロフィルに置換できないかと考えて試してみたところ葉の緑色綺麗に残したドライフラ作製することができたこのドライフラがどのくらい長く保存可能であるのか葉の内部で硫酸銅がどのように存在しているのかESRで分析できればと考えた


    実験方法

    工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

    準備するもの

    サンプル 履歴

    作成手順

    消耗品履歴

    評価の方法

    装置使用履歴

    結果と考察

    物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

    研究ノート

    グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

    図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

    参考文献書籍雑誌口頭発表URL

    <li> <article> 日塔 優太. <q><cite> </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2012. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=325'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=325</a>, (参照 <time datetime="2018-12-11">2018-12-11</time>). </article> </li>


    卒業論文 ©Copyright  2012   日塔 優太,  山形大学  All rights reserved.