HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒292@卒論;
2011 修士論文

リチウムイオン電池における正極材料とメカニカルミリング法の研究

山形大学  物質化学工学専攻  仁科・立花研  八重樫 起郭
公表資料 非公表資料



リチウムイオン電池における正極材料とメカニカルミリング法の研究
メカニカルミリング使った活物質の炭素修飾と電池特性

コンタクト 接触 オーミ 粉体混合

マイクロ電極用いたリチウムイオン二次電池の安全性評価技術の研究

同輩ふじ1)


ミリング試料0012)

○本田,…らは2011年に横浜国立大学(横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5)で開催された電気化学会第78回大会においてリチウム電池サイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダー選択について報告している3)

2009年度平成21卒業研究4)
2008年度平成20卒業研究5)

やえがしは2009年にそれまでの研究Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触及ぼす効果というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した6)

重樫起郭…らは2008年に戸工業大学青森県戸市大字妙字大開881で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会においてAlアノード酸化皮膜漏れ電流隔離紙接触及ぼす効果について報告している7)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,マンガンリチウムスピネル8)
卒業研究-電気化学2004,電池ボルタモグラム9)
ピカッとさいえんす,あなただけへの贈り物10)



リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果
○八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリ > 電池のボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー(CV)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

ピカッと > 暗号とセキュリティ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

(1合材スラリー中の炭素末端官能基と有機分子が分散性と乾燥過程に及ぼす影響
藤田 圭介, 修士論文, (2011).
(2ミリング試料001, 仁科研究室, 仁科 辰夫, (2010).
(3リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(4緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(5緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果
八重樫 起郭, 卒業論文, (2009).
(7Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果
○八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).
(8実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(9実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリ > 電池のボルタモグラム,サイクリックボルタンメトリー(CV)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10ピカッと > 暗号とセキュリティ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).


実験方法

準備するもの

サンプル 装置使用履歴

作成手順

評価の方法

結果と考察

グラフ

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 八重樫 起郭. <q><cite> リチウムイオン電池における正極材料とメカニカルミリング法の研究 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学専攻 ,修士論文, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=292'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=292</a>, (参照 <time datetime="2017-9-22">2017-9-22</time>). </article> </li>