HOME 教育状況公表 本日
⇒#994@講義;

0001.1994.  【1994年度(平成6)卒業研究】


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(【1994年度(平成6)卒業研究】)の親単元は C1履歴 です。

初版
工学部には1993年まで応用化学科という学科があって略してC科と呼ばれていました1)C科には第講座から第講座まであってそれぞれC~C呼ばれていました応用化学科は1994年に高分子材料工学科高分子化学化学工学統合して物質工学科に改組され大講座制となりますが旧講座の名称はその後も使われ続けました

さわい2)3)かとうの4)
いながわ5)わたなべ6)
なかぞの7)しばた8)いわさ9)10)せきかわ11)

19931996松木鈴木研究12)

 > 工学部の沿革,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (1910).

緒言(C > 研究室( > 松木・鈴木研究室(1993~1996),研究室(C1)の沿革
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1993).

(1 > 工学部の沿革,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (1910).
(2アルミニウムの化成皮膜の直流エッチングにおける挙動
澤井 実, 卒業論文, (1993).
(3カーボン材料の電池への応用I
飯見 和典, 卒業論文, (1993).
(4有機電解液中でのアルミニウムの化成における電流密度と電気量の関係
上遠野 義久, 卒業論文, (1993).
(5電池の充放電時における交流インピーダンスの測定
稲川 拡, 卒業論文, (1996).
(6有機電解質溶液中におけるアルミニウムの陽極酸化
渡辺 秀利, 卒業論文, (1996).
(7アルカリ水溶液中における二酸化マンガンの充放電挙動と測定システムの改良
中囿 俊祐, 卒業論文, (1995).
(8有機電解液中でのアルミニウムの陽極酸化
柴田 朋史, 卒業論文, (1995).
(9陽極酸化反応機構に関する研究
岩佐 和弘, 卒業論文, (1995).
(10金属酸化物内部のイオン移動を伴う電極反応に関する研究
岩佐 和弘, 修士論文, (1997).
(11電解二酸化マンガンの製造とそのシステム開発
関川 秀雄, 卒業論文, (1995).
(12緒言(C > 研究室( > 松木・鈴木研究室(1993~1996),研究室(C1)の沿革
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1993).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 【1994年度(平成6)卒業研究】 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 1994. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=994'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=994 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-24">2019-8-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=994

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.