HOME 教育状況公表 令和2年11月28日
⇒#810@講義;

  微小電極


微小電極について 卒業研究(C1-電気化学2004~) で述べられています ⇒#810@講義;。

初版
舘謙太1)

じゅんこは2000年にそれまでの研究デジタルハイスコープ用いたアルミニウム微小電極の表面反応のビデオ撮影いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

よしかずは2000年にそれまでの研究微小電極用いた希薄電解液中におけるアルミニウムの陽極酸化というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した3)

高木 泰彦は1999年にそれまでの研究異種接触界面の導入によるアルミニウム陽極酸化皮膜の導電性発現機構-超高速イオン導電-いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

せんば5)

ちょうしょうじ6)

根兵 靖之7)

装置と機材
ピンセバキュームピ
トコンプレート8)
ドクターラ9)
デジタルハイスコープ10)

青木幸らは1988年に*微小電極の総説というテーマ微小電極般的解説と述べている11)

青木 , 堀内 , 森田 雅夫, 丹羽 , 微小電極用いる電気化学測定法, 電子情報通信学会, コロナ (1998).



ホットコンプレート測定装置.

ドクターラップ測定装置.

デジタルハイスコープ測定装置.

(1デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(2デジタルハイスコープを用いたアルミニウム微小電極の表面反応のビデオ撮影
野中 淳子, 卒業論文, (2000).
(3微小電極を用いた希薄電解液中におけるアルミニウムの陽極酸化
鈴木 芳和, 卒業論文, (2000).
(4異種接触界面の導入によるアルミニウム陽極酸化皮膜の導電性発現機構-超高速イオン導電性-
高木 泰彦, 修士論文, (1999).
(5アジビン酸アンモニウム水溶液中における微小アルミニウム電極の陽極酸化
仙波 浩二, 卒業論文, (1997).
(6電池活物質と導電助材の接触界面における光励起電流の測定システムの構築とその評価
長正路 巧, 卒業論文, (1999).
(7非水有機電解液中におけるアルミニウム微小電極の陽極酸化
根兵 靖之, 卒業論文, (1996).
(8ホットコンプレート測定装置.
(9ドクターラップ測定装置.
(10デジタルハイスコープ測定装置.
(11(*)微小電極の総説
青木幸一, 電気化学,56,608(1988).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=810'> <q><cite> 微小電極 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=810'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=810 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-11-28">2020-11-28</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=810

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.