🏠
🌡️ 📆 令和5年2月9日
⇒#713@講義;

👨‍🏫   高分子ヒドロゲル電解質を用いた電気二重層キャパシタの特性改善


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 テーマ実験 」 の中で、 「高分子ヒドロゲル電解質を用いた電気二重層キャパシタの特性改善」について 述べられています ⇒#713@講義;。

📆 初版
高分子ヒドロゲル電解質用いた電気二重層キャパシタ特性改善

1 緒言及び目的
電気二重層キャパシタ(EDLCElectro Double Layer Capacitor)高速充放電が可能であり充放電可逆性が高い効率良い繰り返し充放電可能長寿命などの特性有しているしかし二次電池比べるとエネルギー密度低く高容量化が望まれている岩倉らは架橋型ポリアクリルカリウムKOH水溶液混合ゲル化した電解質用いることによって従来の電気二重層キャパシタより高い容量が得られると述べているよってこれまで使用してきた電極系での高容量化が見られるか確認すること目的する

2 実験方法
酸化マンガンIC2130mg活性炭30mgUFC5mg直径8mmのNiシュ上に成形したコンポジ電極作成する電解質MのKOH水溶液にPANI-PAA100g/dm3加えたもの調整し電流100mAとし掃引速度 1mV/s掃引範囲1.0~-0.6Vでサイクリックボルタンメトリー行う電解セル3電極方式とし対極Pt照極はHg/HgO電極用いる比較ためMのKOH水溶液電解液して用いた場合のサイクリックボルタンメトリーも行いサイクリクボルタモグラムから容量算出し報告することPANI-PAAは生体センシング機能工学倉本研究室より提供していただくもので希望者は前もって申請しておくこと

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl713' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=713'> ◇ </a> <a href=''> 高分子ヒドロゲル電解質を用いた電気二重層キャパシタの特性改善 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=713'> <q><cite> 高分子ヒドロゲル電解質を用いた電気二重層キャパシタの特性改善 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=713'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=713 </a> ,  (参照 <time datetime="2023-2-9">2023-2-9</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=713


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.