HOME 教育状況公表 令和3年9月19日
⇒#710@講義;

  デジタルハイスコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 テーマ実験 」 の中で、 「デジタルハイスコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化」について 述べられています ⇒#710@講義;。

初版
1 緒言及び目的
現在鉛蓄電池環境や資源の問題によって考案されている電気自動車や電力貯蔵への応用のために高いエネルギー密度長寿命化の両立が求められているこの目標達成するために鉛蓄電池の解決すべき問題点として放電反応よって電極表面上に析出する硫酸鉛による電極腐食挙げられるこの腐食状態これまで様々な方法で研究されてきたが観察方法としては反応後のセル外観察がほとんどであったよって鉛蓄電池負極電極反応過程デジタルハイスコープ用いて観察すること目的する

2 実験方法
 鉛線(純度99.9%φ0.50mm)エポキシ樹脂で封入硬化した鉛線電極作製するその後ドクターラ研磨用いて鉛線電極表面研磨仕上げに1分間化学研磨(酢酸25Wt%5g)過酸化水素35%5g)蒸留水(15g)するサルフェーション観察する試料極鉛線電極使用し対極照極に白金電解液5M硫酸水溶液用いて電位走査(以下CV)行い鉛線電極表面デジタルハイスコープ用い観察する掃引範囲は-1.5V~-0.7V vs. Pt掃引速度は50mV/minとし同条件でITE電池研究所の電池添加剤0.30.1%になるように電解液に加え観察する

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


平常演習 Web Class

課外報告書 Web Class



<h2> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=710'> ◇ </a> <a href=''> デジタルハイスコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=710'> <q><cite> デジタルハイスコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=710'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=710 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-9-19">2021-9-19</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=710

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.