HOME 教育状況公表 本日
⇒#481@講義;

0001.2002.  【2002年度(平成14)卒業研究】

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(【2002年度(平成14)卒業研究】)の親単元は C1履歴 です。

初版
電気化学

かたくらいとう
すず1)2)かみむら3)なりた4)かね
えび5)6)
おかだ7)よしえ8)きの9)むっし10)かずみ11)12)さぬき13)

学会43回電池討論会福岡県福岡博多14)
電気化学

立花和宏,○…らは2002年に横浜で開催された2002電気化学秋季大会において有機電解液中のアルミニウム炭素導電助材界面接触抵抗低減によるレート特性向上について報告している15)

立花和宏,,窒化ニオブ,平成14年度16)

刊行物2002_H1417)


2012年度平成24卒業研究18)
2011年度平成23卒業研究19)
2010年度平成22卒業研究20)
2009年度平成21卒業研究21)
2008年度平成20卒業研究22)
2007年度平成19卒業研究23)
2006年度平成18卒業研究24)
2005年度平成17卒業研究25)
2003年度平成15年度卒業研究26)
2004年度平成16卒業研究27)
2001年度平成13卒業研究28)
1999年度平成11卒業研究29)
1998年度平成10卒業研究30)
1997年度平成卒業研究31)

炭素材料利用した廃電池活物質リサイクルの為の研究奨学寄付金41102332)
非水溶液電解液次電池-JST委託研究33)

関連講義
電気化学の庵,200034)
卒業研究-電気化学2004,20012003尾形仁科研究室35)


【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

有機電解液中のアルミニウム/炭素導電助材界面の接触抵抗低減によるレート特性の向上
立花和宏,○鈴木智統,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,2002年電気化学秋季大会講演要旨集 (2002).

窒化ニオブ(焼結体)の静電容量向上における電解条件の最適化
立花和宏,○武蔵信之,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,平成14年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (2002).

緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

緒言(C > C1履歴 > 【2003年度(平成15)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【2001年度(平成13)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

緒言(C > C1履歴 > 【1999年度(平成11)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

緒言(C > C1履歴 > 【1997年度(平成9)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1997).

高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 2000s,現代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2000).

緒言(C > 研究室( > 2001~2003:尾形・仁科研究室 ,研究室(C1)の沿革
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

(1酸化劣化したリチウム二次電池用電解液の分析
鈴木 雄一, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2002).
(2電気エネルギー貯蔵デバイスにおける集電体金属表面の接触抵抗の解析
鈴木 智統, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2003).
(3高速サイクリックボルタンメトリーによるリチウム二次電池正極活物質と集電体の界面現象の解析
上村 潤, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2001).
(4二酸化マンガンを活物質としたKOH水溶液を電解液に用いたマンガン二次電池の能力低下に影響を及ぼす諸因子の検討及び研究結果のWEB上での公開
成田 淳, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2004).
(5生体を対象とした高感度L-バンドESR装置の開発
海老名 里花, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2002).
(6In vivo ESR/TEMPO繰り返し投与法によるラットの抗酸化能に関する研究
海老名 里花, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2004).
(7ニオブアノード酸化皮膜の絶縁性及び固体電解質による皮膜修復性能の評価
岡田 和正, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2003).
(8有機電解液中におけるアルミニウムの腐食/水分の影響
河内 よしえ, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2003).
(9アルミニウム電極への炭素塗布圧の影響
城野 雅明, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2004).
(10種々の電解条件下における非水溶液中のニオブのエッチング制御
武蔵 信之, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2003).
(11アルミニウム集電体への炭素導電助材の塗布圧による充放電性能への影響
佐藤 和美, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2003).
(12リチウムイオン二次電池の急速充放電化と高容量密度化
佐藤和美, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2006).
(13正極集電体にニオブを用いたリチウム二次電池の充放電サイクルの特性の評価
佐貫 至徳, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2003).
(14【学会】第43回電池討論会@福岡県福岡市(博多)
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(15有機電解液中のアルミニウム/炭素導電助材界面の接触抵抗低減によるレート特性の向上
立花和宏,○鈴木智統,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,2002年電気化学秋季大会講演要旨集 (2002).
(16窒化ニオブ(焼結体)の静電容量向上における電解条件の最適化
立花和宏,○武蔵信之,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,平成14年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (2002).
(17知的財産キーワード.
(18緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(19緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(20緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(21緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(22緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(23緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(24緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(25緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(26緒言(C > C1履歴 > 【2003年度(平成15)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
(27緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(28緒言(C > C1履歴 > 【2001年度(平成13)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(29緒言(C > C1履歴 > 【1999年度(平成11)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(30緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(31緒言(C > C1履歴 > 【1997年度(平成9)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1997).
(32炭素材料を利用した廃電池活物質リサイクルの為の研究(奨学寄付金411023)プロジェクト.
(33非水溶液電解液二次電池プロジェクト.
(34高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 2000s,現代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2000).
(35緒言(C > 研究室( > 2001~2003:尾形・仁科研究室 ,研究室(C1)の沿革
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 【2002年度(平成14)卒業研究】 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2002. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=481'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=481 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-22">2019-10-22</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=481

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.