HOME 教育状況公表 本日
⇒#2887@講義;

  電位上昇速度とアノダイジングレシオ

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(電位上昇速度とアノダイジングレシオ)の親単元は クロノポテンショメトリー です。

初版
電位上昇速度アノダイジングレシオ

このような反応機構は高電場機構と呼ばれGuntershultz1) Mott2)よってアノード酸化皮膜生成機構して古くから検討されてきた (4)式におけるA,B (2)式におけるkによって高電場機構による皮膜生成の電流-電位曲線完全に記述できるそこでこれらの値高電場機構反応パラメータ呼ぶことにする(3)式と(4)式より得られた(5)式に示すように電流密度の対数は電位上昇速度電流密度比例その勾配と切片は高電場機構の反応パラメータ密接な関係がある

またアルミニウムが非水材料で不働態化するのはLiBF4LiPF6などの電解質用いたときに限定されイミド塩などでは不働態化しないこれらのこと考慮するとアルミニウムはLiBF4LiPF6(C2H5)4NBF4などのッ素系アニオンからなる電解質含む有機電解液中で次のようなバリア型皮膜の生成反応により不働態化が進行し耐食性が与えられると考えられる

Al + 3BF4-  AlF3 +3BF3 + 3e- (3)
Al + 3PF6-  AlF3 +3PF5 + 3e- (4)

水溶液中では溶媒ある水とアルミニウム反応するのに対して有機電解液中では溶質であるアニオンアルミニウム反応する実際溶媒含まないイオン液体中でもアルミニウムアニオンと反応して不働態化する

物理量
電位3)電位上昇速度4)ブレークダウン電圧5)アノダイジングレシオ6)


関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウム|酸化皮膜|有機電解液界面7)



結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニ > アルミニウム|酸化皮膜|有機電解液界面,アルミニウム|有機電解液界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1電流密度は電場強度の指数に比例(高電場機構)
A. Gunterschulze, H. Betz, Z. Phys.,92,367(1934).
(2金属酸化の理論
F.Mott, N.Cabrera, Rept.Prg.Phys.,12,163(1948).
(3電位(poitential [ボルト].
(4電位上昇速度( [ボルト毎秒].
(5ブレークダウン電圧(breakdown voltage [ボルト].
(6アノダイジングレシオ( [メートル毎ボルト].
(7結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニ > アルミニウム|酸化皮膜|有機電解液界面,アルミニウム|有機電解液界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 電位上昇速度とアノダイジングレシオ </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2887'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2887 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-3-27">2019-3-27</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2887

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.