HOME 教育状況公表 本日
⇒#2443@講義;

  集電体|バインダ|炭素導電助材(界面)


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(集電体|バインダ|炭素導電助材(界面))の親単元は 集電体|電解液(界面) です。

初版
なかいは2010年にそれまでの研究集電体|炭素の接触抵抗におよぼすバインダ影響というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した1)

○中井,柳沼…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてなかい集電体|炭素の接触抵抗について報告している2)

○西川幸秀,…らは2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会においてリチウムイオン次電池のためのフーリエ解析による金チタンアルミニウム正極集電体炭素導電材界面内部抵抗比較ついて報告している3)

柳沼…らは2008年にで開催された第49回電池討論会において炭素導電助材含む電極におけるパーコレーション現象用いたバインダの評価について報告している4)

2006年度平成18卒業研究5)

ながせは2007年にそれまでの研究バインダ乾燥過程における電極表面の可視化というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した6)

2005年度平成17卒業研究7)

○小原大佑,…らは2005年に東北大学 川内キャンパス宮城県仙台市青葉区川内開催された平成17年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池正極における炭素/アルミニウム界面接触抵抗低減させるバインダ塗布条件乾燥温度ついて報告している8)

関連講義卒業研究-電気化学2004,バインダ9)

なかい―集電体|炭素の接触抵抗
○中井,柳沼,立花和宏,仁科辰夫,長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,平成21年度 化学系学協会東北大会, (2009).

リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会, (2008).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1集電体|炭素の接触抵抗におよぼすバインダーの影響(仮)
中井 大輔, 卒業論文, (2010).
(2なかい―集電体|炭素の接触抵抗
○中井,柳沼,立花和宏,仁科辰夫,長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,平成21年度 化学系学協会東北大会, (2009).
(3リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会, (2008).
(4炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会, (2008).
(5緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(6バインダ乾燥過程における電極表面の可視化
長瀬 智哉, 卒業論文, (2007).
(7緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(8リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(9実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 集電体|バインダ|炭素導電助材(界面) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2443'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2443 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-19">2019-8-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2443

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.