HOME 教育状況公表 令和3年9月25日
⇒#2111@講義;

  界面とバルク


卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 電極-電解質界面のメカニズムとその制御方法(2008) 」 の中で、 「界面とバルク」について 述べられています ⇒#2111@講義;。

初版
ように電流は界面とバルク通過するバルク頂点した場合と界面頂点した場合のグラフ 7示すそれぞれのグラフ双対グラフ関係あるバルク頂点した場合は辺の界面抵抗[Ωm2]重みとなるラベルつきグラフ相当し界面頂点した場合は辺の比抵抗[Ωm]重みとなるラベルつきグラフ相当する3)それぞれの頂点ではキルヒホフ法則法則成立する 7からわかるようにバルク頂点した場合の方がよりクリティカルあり実際活物質対する導電助材の混合量減らしてゆくとパーコレーション挙動示す6)したがってバルク物性表す比抵抗[Ωm]などの物性値より界面特性示す界面抵抗[Ωm2]などの特性値が支配的であると考えられる
界面特性示す特性値として界面電位差E [V]ほか界面抵抗[Ωm2]電気重層容量[F m-2]などがあるまた界面の寸法示す数値として接触面積[m2]などがある界面電流横切ると界面電位差E [V] 平衡電極電位E0 [V]よりずれるこの差は電圧η[V]呼ばれ電流密度[Am-2]対して指数的に増大する7)界面抵抗[Ωm2]過電圧η[V]電流密度[Am-2]対する近似的な比例係数である界面相間の剥離や結着材などの被覆でみかけの界面面積[m2]より接触面積[m2]小さくなることがあるその結果みかけの電流密度[Am-2]対して局所的な電流密度[Am-2]大きくなり結果として抵抗が増加したように観察されるこのような抵抗集中抵抗呼ぶ5)
集電体板であり活物質も導電助材も粉体であり電解液液体あるしたがってそれぞれ粉体|固体界面粉体|粉体界面粉体|液体界面となる粉体|液体界面では電解質や結着材が競争吸着しており粉体表面特性変化させていると考えられる8)結着材ような高分子では分子内の吸着点の数が粉体表面の被覆率に大きく関与すると考えられ界面沿って起きる次元伝導も大きく影響すると思われる

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


平常演習 Web Class

課外報告書 Web Class



<h2> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2111'> ◇ </a> <a href=''> 界面とバルク </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2111'> <q><cite> 界面とバルク </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2111'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2111 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-9-25">2021-9-25</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2111

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.