HOME 教育状況公表 本日
⇒#1669@講義;

  ゲル電解質


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(ゲル電解質)の親単元は 高分子電解質 です。

初版
高分子固体電解質ゲル電解質があります1)ゲル電解質マトリクスポリマー電解質溶媒成分からなります熱可塑性ゲルしてPEOPVdFPAN加熱した電解液に溶解させたあと冷却して得ることができます

ゲル電解質は溶媒に溶解した場合と同等の導電率示しますたとえば10-3Scm程度示します

PEG-DASBR2)なども使われます

ゲル電解質の導電率3)交流インピーダンス4)よりコールコールプロ5)から求めます

エネルギーためる6)

交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1高分子電池
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(2スチレンブタジエンゴム(SBR), (材料).
(3ρ導電率conductibityジーメンス毎メートル, (物理量).
(4交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(5コールコールプロット,電気抵抗,リアクタンス, (プロット).
(6エネルギーをためる
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> ゲル電解質 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1669'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1669 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-27">2019-6-27</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1669

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.