HOME 教育状況公表 本日
⇒#1068@講義;

  ブレークダウン電位

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(ブレークダウン電位)の親単元は クロノポテンショメトリー です。

初版
アルミニウム1)タンタル2)ニオブ3)アノード酸化してそれいじょう電位上昇しない電圧ブレークダウン電圧4)いいます5)これは電流のキャリアイオン電流主体から電子電流主体に切り替わる電位ともいえます

クロノポテンショメトリー6)で測定します高電圧の電源7)使いますイオン液体でも水溶液とどうよう導電率に関係してますBMIBF4中でのアルミニウムブレークダウン8)

イオン性液体中でもアルミニウムブレークダウン電圧は導電率9)小さいほど大きくなります10)

非水カソード材料アルミニウム不働態皮膜ブレークダウン電圧11)

バリヤー生成する陽極12)

アルミニウムアノード酸化13)

ブレークダウン電圧は温度圧力溶液抵抗アニオン濃度などに依存することが知られているまた1993年に浦本は電解蓄電器研究会において化成液中のシリカ微粒子ブレークダウン電圧向上させること報告2006年には武田らがシリカオルガノゾルよる高耐圧アルミ電解コンデンサ開発ついて電気化学会で報告している

異種界面接触によるアルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊14)

アルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成浴中のアニオン影響15)

加藤正義, 内田悦美らは1984年にアルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成液中のアニオン影響ついてアジピンアンモニウム溶液中で温度定で濃度変えた際の絶縁破壊電圧,濃度定で温度変えた際の絶縁破壊電圧,比抵抗定の条件下での絶縁破壊電圧あるいは温度と濃度定でPh変えた際の絶縁破壊と述べている16)

アルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成液中のアニオン影響17)

○遠藤 …らは2008年に近畿大学本部キャンパス(東大阪市小若江3-4-1)で開催された表面技術協会第118回講演大会においてアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響について報告している18)


関連講義卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,集電体|電解液界面19)



実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > タンタルとその酸化物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > ニオブとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 測定と評 > クロノポテンショメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

コペル9101
,コペル電子株式会社 9101,,(,).

BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウン(CP)グラフ.

イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (2005).

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響
○遠藤 淳一*2,柳沼 雅章*1,平山 従仕*2,立花 和宏*1,仁科 辰夫*1,表面技術協会第118回講演大会講演要旨集 (2008).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|電解液(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > アルミニウムとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > タンタルとその酸化物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > ニオブとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4ブレークダウン電圧(breakdown voltage [ボルト].
(5 > 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(6実験方法 > 測定と評 > クロノポテンショメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(7コペル9101
,コペル電子株式会社 9101,,(,).
(8BMIBF4中でのアルミニウムのブレークダウン(CP)グラフ.
(9導電率(conductibity [ジーメンス毎メートル].
(10イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (2005).
(11非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電圧
立花 和宏, 第70回ARS例会, (2006).
(12アルミニ > バリヤー層を生成する陽極酸化
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(13)   3Al + 2H2O →   Al2O3 + 6H+ + 6e-, ?, (反応-477).
(14異種界面接触によるアルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊
立花和宏,高木泰彦,仁科辰夫,松木健三, 表面技術協会第98回講演大会要旨集,0,154(1998).
(15アルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成浴中のアニオンの影響
加藤正義 (東京理大); 内田悦美 (デグサジャパン); 工藤忠人 (電解はく工業), Y0050A 金属表面技術協会講演大会講演要旨集,73,272(1986).
(16アルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成液中のアニオンの影響
加藤正義, 内田悦美 (東京理大工); 工藤忠人 (電解はく工業), 金属表面技術,35,475(1984).
(17アルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊電圧に及ぼす化成液中のアニオンの影響
加藤正義, 内田悦美 (東京理大工); 工藤忠人 (電解はく工業), Y0050A 金属表面技術協会講演大会講演要旨集,69,116(1984).
(18アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響
○遠藤 淳一*2,柳沼 雅章*1,平山 従仕*2,立花 和宏*1,仁科 辰夫*1,表面技術協会第118回講演大会講演要旨集 (2008).
(19結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|電解液(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> ブレークダウン電位 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1068'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1068 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-21">2019-8-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1068

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.