HOME 教育状況公表 本日
⇒#1066@講義;

  ニオブ固体電解コンデンサ

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(ニオブ固体電解コンデンサ)の親単元は キャパシタ(コンデンサ) です。

初版
ニオブ固体電解コンデンサニオブ1)使った固体電解コンデンサです

あゆみは2007年にそれまでの研究ESRによるニオブアノード酸化皮膜欠陥部定量分析いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

あかみねは2007年にそれまでの研究オブアノード酸化皮膜の絶縁性と表面欠陥の解析というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した3)

赤峰広規,立…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会においてニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果について報告している4)

耐電圧5)が大きくなる分皮膜の厚み6)大きくなり静電容量7)小さくなるため耐電圧静電容量CV積呼んで粉末の比表面積8)示す目安とします

材料
ポリチオフェン9)
酸化ニオブ10)

静電容量11)

関連講義
卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,導電性高分子12)
卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,ニオブ関係13)
エネルギーデバイス内部の材料界面,エネルギーデバイス内部に存在する物質と電気の流れ14)

関連書籍
ポルフィリン分子膜は半導体15)
導電性高分子のはなし16)
機能性高分子17)
18)

実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > ニオブとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 卒業論文 > ニオブ関係,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

エネルギ > エネルギーデバイス内部に存在する物質と電気の流れ,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).

(1実験方法 > 材料&試 > 金属材料 > バルブメ > ニオブとその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析
齋藤 歩美, 卒業論文, (2007).
(3二オブアノード酸化皮膜の絶縁性と表面欠陥の解析
赤峰広規, 修士論文, (2007).
(4ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).
(5耐電圧(withstand voltage [ボルト].
(6厚み(thickness [メートル].
(7静電容量(electrostatic capacity [ファラッド].
(8比表面積(specific surface area [平方メートル毎キログラム].
(9ポリチオフェン(S=N)n, = 46.0727 g/mol, (化学種).
(10酸化ニオブ(Ⅴ)Nb2O5, = 265.8098 g/mol, (化学種).
(11静電容量(electrostatic capacity [ファラッド].
(12実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(13結果と考 > 卒業論文 > ニオブ関係,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(14エネルギ > エネルギーデバイス内部に存在する物質と電気の流れ,エネルギーデバイス内部の材料界面接触とレート特性
立花 和宏,エネルギーデバイス内部の, 講義ノート, (2009).
(15 > ポルフィリン分子膜は半導体
山下和男・木谷皓, 導電性有機薄膜の機能と設計, 協立出版, (1988).
(16導電性高分子のはなし
吉野勝美, 日刊工業新聞社, (2001).
(17高分子化 > 機能性高分子
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(18ニオブ/ポリマー固体電解コンデンサ開発の現状
竹谷豊、狭場善昭、坂牧亮、伊藤忠仁, 2009年電気化学秋季大会講演要旨集,0,251(2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> ニオブ固体電解コンデンサ </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1066'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1066 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-7-16">2019-7-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1066

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.