HOME 教育状況公表 令和2年10月25日
⇒#1001@講義;

  ●2007年度(平成19)卒業研究

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(●2007年度(平成19)卒業研究)の親単元は 【2007年度(平成19)卒業研究】 です。

初版
舘謙太1)阿部智幸2)小原大佑3)しい4)
にしかわ5)にしまた6)
ゆき7)たかつか8)にれぎ9)こもり10)まいこ11)ひさこ12)ひらやま13)おおつか14)やぎぬま15)わたなべ16)かすや17)

 平成19 大学院理工学研究科博士前期課程に有機デバイス工学専攻が新設される
 平成19 大学院理工学研究科博士後期課程にものづくり技術経営学MOT専攻及び有機デバイス工学専攻が新設される
(1デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(2リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布による影響
阿部智幸, 卒業論文, (2006).
(3リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダーの塗布条件と乾燥温度
小原 大佑, 卒業論文, (2006).
(4EHDポンプの動作原理の解明とその高性能化
志井洋介, 修士論文, (2008).
(5電気二重層キャパシタの電解液の違いによる接触抵抗の非可逆性発現機構
西川 幸秀, 卒業論文, (2007).
(6交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム
西俣 樹, 修士論文, (2009).
(7粘着テープを用いた電極合材と集電体との接着強度の数値化
今野 優輝, 卒業論文, (2008).
(8ESRによるNb2O5酸素欠損の評価
高塚 知行, 卒業論文, (2008).
(9液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化
楡木 崇仁, 卒業論文, (2008).
(10デジタルハイスコープを用いた鉛蓄電池負極の硫酸鉛結晶発生の可視化
小森 康孝, 卒業論文, (2008).
(11ゴム支持体にチタン酸リチウムを活物質として用いたリチウムイオン二次電池の負極挙動
吉田 麻衣子, 卒業論文, (2008).
(12アルミニウムの腐食に対する水分濃度とクロム被覆の影響
服部 久子, 卒業論文, (2008).
(13アルミニウムの予備アノード酸化による有機電解液中でのブレークダウン電位の制御
平山 従仕, 卒業論文, (2008).
(14アルミニウム不働態皮膜生成時における電流について
大須賀 洸志, 卒業論文, (2008).
(15サイクリックボルタンメトリーによるバインダを塗布した集電体の分極挙動
柳沼 雅章, 卒業論文, (2008).
(16クエン酸錯体法を用いたLiFePO4の合成における焼成条件の検討
渡邉 貴太, 卒業論文, (2008).
(17リチウムイオン二次電池正極合材の構造と応答速度の関係
粕谷 涼, 卒業論文, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1001'> <q><cite> ●2007年度(平成19)卒業研究 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1001'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1001 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-10-25">2020-10-25</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1001

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.