HOME 教育状況公表 本日
⇒#2032@文献;

Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound

コメント

競争反応用いてスーパーオキシドアニオンラジカルフェノール化合物次反応速度有効数字 桁で求めている
フェノール化合物の純度はどれくらいだろうか?

O2(-) + フェノール化合物 Product

共著者関連テーマ
電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価1)
電解生成スーパーオキシドを用いる抗酸化能評価法の研究2)

http://www.union…

https://www.jsta…


試料
フェノール化合物
ルチン3),ピロガロール4),カテコール5),ミリセチン6),3,4-ジヒドロキシトルエン7),ヒドロキノン8),(+)-カテキン9)など

検出試薬など
5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド10)(DMPO),DMSO(水分濃度不明),0.1M PBS水溶液

関連キーード消去活性抗酸化剤消去能ローインジェクション
(1電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価
木村 祐哉, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(2電解生成スーパーオキシドを用いる抗酸化能評価法の研究
柳澤 和貴, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2013).
(3@ > ルチン
ルチン, (材料).
(4@ > ピロガロール
ピロガロール, (材料).
(5@ > カテコール
カテコール, (材料).
(6 > ミリセチン
ミリセチン, (材料).
(7@ > 3,4-ジヒドロキシトルエン
3,4-ジヒドロキシトルエン, (材料).
(8@ > ヒドロキノン
ヒドロキノン, (材料).
(9(+)-カテキン, C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室), 尾形 健明, (2005).
(105,5- > 5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド
5,5-ジメチル-1-ピロリンN-オキシド5,5-Dimethyl-1-pyrroline N-oxide , (材料).

引用箇所

出典:Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound

引用元

Yu Saito, Kazuki Yanagisawa, Yuki Kimura, Yuta Nitto, Hiroyuki Noda, Tatsuro Kijima and Tateaki Ogata. Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound. . , (参照 1899-12-30T0:0:0+09:00) .


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=2032

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.