HOME 教育状況公表 本日
⇒#2016@文献;

ポリフェノール含有量を低減させたサラシア抽出物

コメント

特許公開2011157306

フォリンチオカルトー比色分析用いてエピカテキン換算で算出したポリフェノール含有量が10%以下であるサラシア抽出

フェノール試薬フェノール性水酸基との反応してホスホタングステンホスホモリブデン酸に還元されると述べられている

フォーリン-チオカルト法

引用箇所

出典:ポリフェノール含有量を低減させたサラシア抽出物

引用元

久保 利昭,本間 俊之. ポリフェノール含有量を低減させたサラシア抽出物. . , (参照 1899-12-30T0:0:0+09:00) .


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=2016

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.