HOME 教育状況公表 本日
⇒#1910@文献;

各種ポリフェノールの定量法の比較

コメント

芳野ら,緑茶ウーロン紅茶およびプーアル茶の熱水抽出物の茶葉からの収量,34.5,25.1,32.1および23.2%となったと述べている

引用箇所

出典:各種ポリフェノールの定量法の比較

引用元

芳野 恭士,廣田 雅恵. 各種ポリフェノールの定量法の比較. . , (参照 1899-12-30T0:0:0+09:00) .


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=1910

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.