HOME 教育状況公表 本日
⇒#1885@文献;

Salicylic acid and methyl jasmonate but not Rose Bengal enhace artemisinin production through invoking burst of endogenous singlet oxygen.

コメント

Naoto Nishide達はTMPDによる還元率は両方のソリューションほぼ同じであったのに対し重項酸素のための特定のクエンチャーPBSに比べCTABミセル溶液でより効果的にDRD156信号強度減少させたと述べている

引用箇所

出典:Salicylic acid and methyl jasmonate but not Rose Bengal enhace artemisinin production through invoking burst of endogenous singlet oxygen.

引用元

Naoto Nishide. Salicylic acid and methyl jasmonate but not Rose Bengal enhace artemisinin production through invoking burst of endogenous singlet oxygen.. . , (参照 1899-12-30T0:0:0+09:00) .


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=1885

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.