HOME 教育状況公表 令和2年10月29日
⇒#1622@文献;

Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina

CLAUDIA ANESINI, GRACIELA E. FERRARO, AND ROSANA FILIP

コメント

CLAUDIAらはフェノール試薬フォーリン-チオカルト試薬10%(v/v)炭酸ナトリウム7.5%(w/v)使用したと述べている
分析手法フォーリン-チオカルト法ある

抽出操作下記のようにやったと述べてある

1.ポリフェノールの抽出には0.200±0.001g試験管に入れた
2.70%メタノール水溶液5mL添加し70℃に加温して抽出したと述べている
3.抽出液は200gで10分間遠心分離上澄み液取り出し別の容器に注いだ
4. 23の操作2回行い取り出した上澄み液の量が10mLになるように冷えた70%のメタノール水溶液加えた

引用箇所

出典:Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina

引用元

<!-- 論文 論文 論文 論文 論文 Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina  -->
<ul>
<li>
<article>
CLAUDIA ANESINI, GRACIELA E. FERRARO, AND ROSANA FILIP. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=1622'> <q><cite> Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina </q></cite> </a>.
.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 論文 論文 論文 論文 論文 Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Commercially Available Tea (Camellia sinensis) in Argentina  -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Paper/@PaperReview.asp?nPublicationID=1622

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
0238-26-3573

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.